競売より高い金額|生活サポートが充実!信頼性の高い不動産業者のサービス
つみきの家

生活サポートが充実!信頼性の高い不動産業者のサービス

競売より高い金額

婦人

銀行などからの借入金の返済が困難になった場合に担保に提供している不動産を売却して返済することがあります。債権者である銀行などは、競売によって債権を回収する方法もありますが、債務者による自主的な不動産売却による回収を認めることもあって、それを任意売却と言います。競売には手間も費用もかかりますので、債務者が任意売却を進めるのであれば、債権者としては承認するケースが多くなっています。ただし、債務者と債権者との間で債務返済に関する話合いが円満に行われていて、債権者が競売を申し立てないことが必要です。債務者が行方不明になっていたり、円満な債務返済の意思表示をしていなかったりする場合には、任意売却を債権者が認めることはありません。

競売の場合には最低落札価格はあるものの、市場価格よりも低い金額で落札されることが一般的です。それでは、債務者にとっては返済が進みませんし、債権者にとっては回収が進みません。不動産には需給関係を基本とする相場がありますが、競売の場合には市場価格を下回る価格で落札されることが多い傾向にあります。しかし、任意売却であれば通常の不動産売買ですので、市場価格での売買が可能になります。需給関係では、その不動産をどうしても買いたいという相手を見つけられれば市場価格よりも高い価格での取引も実現する可能性があります。銀行などの債権者は競売による担保処分を急ぐのではなく、任意売却によって回収額を増やす方向になっています。